ジュエリーの特徴|普段使いができる婚約指輪が人気を博している|プチプライス

普段使いができる婚約指輪が人気を博している|プチプライス

新郎新婦

ジュエリーの特徴

新郎新婦

手彫りが基本です

ハワイアンジュエリーはハワイの職人によって手彫りで作られるのが基本です。日本にも店舗はありますが、ほとんどがハワイに工房を持っており、実際の製造はハワイで手彫りで行われています。ハワイアンジュエリーを購入する前に必ずどこで作られているか、手彫りであるかを確認するようにしましょう。また、手彫りの場合職人やジュエリーブランドによって同じモチーフの模様でも仕上がりや見栄えは異なってきます。実際に店舗へ訪れる際には是非彫りに注目し、自分の好みのものを探しましょう。手彫りの違いはそれぞれ個性であって、どれが良い悪いというものとは異なります。気に入ったものを購入するのが一番良いので、是非一度実際の彫りを確認してみてください。

英国とハワイの融合

ハワイアンジュエリーは今から150年ほど前、当時のハワイ王朝のリリウオカラニ女王が製作したものが始めと言われています。当時イギリスのヴィクトリア女王が亡き夫へのメッセージを刻んで作成したブレスレットに感銘を受け、リリウオカラニ女王が作成したバングルが元になりました。その後もメッセージを刻む文化に加えハワイの自然を元にしたモチーフが彫られるようになり、親から子へと受け継がれるものになりました。英国の文化とハワイの文化、そして愛する人を思う心と自然を愛する心が全て一つになったのがハワイアンジュエリーです。この様な歴史を経て誕生したハワイアンジュエリーはお守りや記念のアクセサリーとして世界中で愛され、様々なデザインが生まれています。